Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ツイッターは個人情報が特定されにくいため、他のSNSに比べて投稿に気が緩みがち。しかし、SNSを通して浮気相手やセフレの存在がばれてしまうケースはよくあるので投稿には細心の注意を払う必要があるのです。

ツイッターは本音を書いても大丈夫?セフレが気を付けたいこと

投稿日:

数あるSNSの中でもツイッターをしている人は男女ともに多いのではないでしょうか。ツイッターの特徴と、ツイッターから浮気やセフレの存在がばれてしまう理由についてまとめました。

ツイッターの特徴は「正直な気持ち」が投稿できること

ツイッターはニックネームでの登録が可能で投稿できる文字数も少ないため、Facebookよりもハードルが低く、誰でも気軽に使えるというイメージがあります。

Facebookなどで本名を明かして投稿する場合は、「誰かに見られる」ということを想定して当たり障りのない内容を投稿することが多いですし、インスタグラムのように写真や動画付きで公開する場合は見栄えを意識して投稿する必要があります。その点、ツイッターはニックネームで投稿可能、文字だけでもOKで飾り立てる必要がないため、「本音」を書きやすいというメリットがあります。

実際に、Facebookは仕事用、インスタグラムはプライベートだけど比較的前向きに明るいことを書いて、ツイッターでは本音をぶちまけるという風に使い分けている人もいるくらいです。

ツイッターは浮気バレ、セフレバレしない?連動設定に注意!

ニックネームで投稿できるツイッターは「個人情報がばれない」と思っている人も多いと思います。確かに、Facebookやインスタグラムに比べると個人を特定する情報が少ないSNSですが、ある設定をしている人は注意が必要です。それが「連動設定」です。

セフレが特に気をつけたいツイッターのホンネ

連動設定とは、ツイッターで投稿したことがFacebookや他のSNSでも同じように投稿されるというもの。ツイッターだけでは個人を特定することが難しくても、Facebookやインスタと連動すると個人が特定されてしまう可能性は高くなります。

浮気相手との写真や食事、デートの様子など、「ツイッターなら大丈夫」と思って投稿すると、Facebookやインスタグラムにも反映されて思わぬところから浮気バレにつながる可能性はあります。

使い分けしない場合はこれをしておくと一気に情報を公開できるので便利ですが、浮気バレやセフレの存在がばれてしまう原因にもなりうる危険な設定でもあるのです。

連動設定しなくても危ない?ツイッター利用で気を付けたいこと

連動設定しなければ問題ないのかというとそうでもありません。ツイッターにはリプライ機能があります。浮気相手とツイッターでつながっている場合、リプライ機能で「今日は楽しかったね」なんて返信があった時には大変です。

また、「今日は○○とゴルフに行ってくる」と言ってでかけたのに、○○がツイッターで別のところにいる様子を投稿し、それを見た本命が「今日○○と一緒って言っていたよね?となる可能性もあります。

本人がいくら完璧に隠せていると思っても、SNSで情報が飛び交う中では完璧に隠し通すことは難しく、いつどこでバレでもおかしくありません。バレることを恐れるのであればSNSには一切情報を投稿しない、セフレや浮気相手ともつながらないことをおすすめします。

-エッチな女性

Copyright© セフレのレストラン24H , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.