Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スローセックスは愛情のバロメーター。キスや前戯に時間をかけて女性の快楽を最大限に引き出す方法なので彼の自分への愛情がわかります。定期的に行うことで相手との愛情を深めることも可能です。

スローセックスって何分からなの?セフレは時間が短いって本当?

投稿日:2018年10月5日 更新日:

なんだか彼とのセックスはすぐに終わってしまう。気持ちよくなれていないと感じたら、それは男性本位のセックスになっているかも?彼の自分への愛情を確かめるには「スローセックス」が重要です。

一般的にスローセックスと言えるのは「○○分」からだった!

スローセックスというと「セックスに時間をかけること」くらいの認識という人も多いと思いますが、基本的なスタンスとしては挿入後よりも挿入前のキスや前戯に時間をかけるセックスのことを指します。つまり男性が楽しむというとよりは女性をいかに気持ちよくさせられるかということに重点を置いたセックス。相手を愛しているからこそできる行為と言えるでしょう。

スローセックスって何分からなの?

スローセックスに時間の定義はありませんが、対義語として言われる射精や絶頂を目的とした男性本位のセックスであるジャンクセックスは30分未満程度であることを考えると、最低でも30分以上はかけて行うものであると言えます。

しかし実際は、お互いが気持ち良い状態をできるだけ長く続けるスローセックスは1~2時間程度かけて行うのが一般的です。つまり「60分以上」がスローセックスできているかの一つの目安となります。

セフレと本命にかける時間に差はある?本命の方が長いって本当?

では、セフレと本命ではどちらの方がセックスに時間をかけると思いますか?実はこれはセックスのどこで時間をかけるかによって答えが変わります。

まずは、「前戯」ですが、挿入前にキスや愛撫などにしっかり時間をかけるのは本命です。相手を喜ばせたいという気持ちが表れた行為と言えるでしょう。セフレの場合は自分が気持ち良くなることが優先されるため、相手を喜ばす行為は少なくなります。

次に「本番」ですが、挿入してから長く時間をとるのはセフレに対してのセックスの特徴。自分が気持ち良い時間を長く取りたいので挿入中の時間は長くなりがちです。

最後に、「セックス後」に関しては、本命にかける時間が長くなります。体を労わったり、ピロートークなど余韻を楽しむのは愛情があるから。セフレの場合は行為が終わったらすぐに寝てしまうなどセックス以外の時間を楽しむことはあまりありません。

不倫から抜け出せないタラレバ世代に愛の活力を!

スローセックスは愛されている証拠!自信を持ってOK

スローセックスはゆっくりと楽しむ行為であり、愛を深めると言われます。しかし、男性の協力がないと行うことはできません。つまり、スローセックスできている場合は彼に愛されている証拠です。

セックスによって愛情を確かめることができるのは「回数」ではなく「時間」。このことを頭に入れておくと自分は本当に彼に愛されているか判断するポイントになるでしょう。

「いつも1時間以内で終わっている」という人は、男性がスローセックス自体を知らないという可能性もあります。一度、その魅力伝えてみましょう。協力してもらえてお互いに気持ち良くなることができれば自然とスローセックスの回数は増えるはずです。

-セックスのイメージ

Copyright© セフレのレストラン24H , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.