濃厚セックスは1度体験すると、何度でもしたいと思うようになります。互いの性欲が合致した相性が良い相手とのみ実現できることであって、濃厚な度合いはカップルの組み合わせにより変わる点に注意が必要です。男女共に絶倫で一晩で何回戦も行えることも、互いの唾液でドロドロになりながら行うセックスもまた濃厚と考えられます。

濃厚セックスの体験は忘れられないほど強烈な快感を伴う記憶となる

投稿日:

濃厚セックスとはどのようなセックスを指すのか

濃厚セックスと聞いた時に思い浮かぶことが、実は人それぞれだと知っていれば、既に様々なパターンの濃厚セックス経験者だと考えられます。

各個人が濃厚セックスだと感じる判断基準は、あくまでも今まで行ってきたセックスの中で最も幸せに感じた激しいセックスを思い描くはずです。

映画の中で演じられているセックスシーンは、濃厚セックスをイメージさせますがあくまでも演技の範囲内に過ぎません。

それでも濃厚セックスだと感じることは、誰もが快感に満ち溢れたセックスをしてみたいと内心思い描いているからです。

では、濃厚セックスとは具体的にどのようなタイプがあるのでしょうか。

濃厚セックスを行うとエンドルフィンの分泌量が凄い

キスをしてペニスを挿入するだけの淡白なセックスをしても、射精はできるものの脳内麻薬として分泌される多幸感が得られるエンドルフィンは大して流れません。

エンドルフィンは、濃厚セックスをして快感が強いほど大量に分泌されて強い多幸感を得られることが知られています。

どのようなセックスを濃厚だと感じるのかという点は、個人差が大きいので本人が理想として思い描いているセックスが該当するはずです。

濃厚セックスを行っている間は、時間の流れが通常とは変わりいつまでも気持ち良さが続いて欲しいとさえ思います。

濃厚セックスが終わってからも、賢者モードにはすぐにならずにセックスパートナーへの愛おしさが暫く続く特徴があるわけです。

絶倫同士のセックスは自動的に濃厚セックスとなりやすい

男女ともに絶倫カップルならば、朝までセックスし続けて気がついたら外が明るくなっていたというケースがあり、濃厚セックスの典型例として考えられています。

個人差が大きいセックス時の絶倫度合いは、男性ならば勃起しなくなった時点で自然とセックスは終了してしまうことから明らかです。

女性は何度でもセックスに応じられるタイプかどうかで変わるので、一度セックスで絶頂を迎えたら男性を跳ね除けてしまうタイプの女性以外は、濃厚セックスを体験できます。

なぜなら、大半が男性側が複数回戦いに耐えられずギブアップすることが多いので、濃厚セックスは男性の絶倫度合いに左右されることが多いからです。

しかし、絶倫男性が行うセックスは何回戦でも女性が絶頂に至るまで行えるという点で濃厚セックスと言えますが、必ずしも濃厚セックスが絶倫でなければできないわけではありません。

濃厚セックスは中身で勝負することもできる

濃厚セックスには、中身が優れたセックスであってもエンドルフィンを大量に分泌できるので、スローセックスと呼ばれる膣をペニスに挿入した状態でピストン運動をしないセックスも濃厚さを感じることができる例があります。

ゴージャスタレントで有名な女性は、多数のイケメン男性に囲まれていますが、実はスローセックスでピストンなしの状態のまま男性を何度も射精させてしまう濃厚セックスにより魅了されてしまう男性が多いことで知られているほどです。

互いに結びつきが強く快感を得られることができれば、大量のエンドルフィン分泌に繋がるので、必ずしも体力勝負の回数重視が濃厚セックスとは限りません。

抱き合い一つになりつつ互いの鼓動を感じて一体感を味わいつつ挿入による快感を得られるならば、男女共にピストン運動無しで絶頂を迎えることができるわけです。

濃厚セックスができるパートナーは互いに手放したくなくなる

1度濃厚セックスを体験したパートナーは、互いに身体の相性が良い相手として手放したくない存在に変わります。

性癖には個人差があるだけでなく、ペニスの形・大きさ・硬さといった違いと膣の濡れ具合・膣圧・内壁構造にも違いがあるので、組み合わせ次第で相性ぴったりの時に素晴らしい快感を得られるわけです。

他の相手と大差ないセックスを行っていたにも関わらず、いつの間にかよだれをダラダラ垂らしながらあらゆる所を愛撫し合っていたという例は珍しくありません。

本人同士の理性が吹っ飛んでしまい、貪るように互いの性欲を満たし合うことができた時には、強烈な多幸感を感じつつ絶頂を迎えることができます。

他のパートナーとのセックスがつまらないものと感じてしまうほど、濃厚セックスを味わうと強烈な快感が忘れられなくなるので、濃厚セックスができるパートナーの存在は貴重だと考えて良いです。

濃厚セックスに至ることができる相手には、数十人に1人という割合となりやすいからこそ、いつまでも関係を続けたくなりやすいです。

濃厚セックスとセフレは深い関係となりやすい

濃厚セックスとセフレは、相手と離れたくないからこそセフレ関係に至る点で関連性があります。

最初はワンナイトラブのつもりであっても、濃厚セックスに至ってしまったら、何度でも会ってセックスしたいと思うようになってしまうわけです。

濃厚セックスできる関係は、身体の相性が良くセックスを行うだけで多幸感を味わえるほど大量のエンドルフィンが分泌されるほどです。

セフレ関係を続けている間は、常に濃厚セックスを互いの都合が良いタイミングで好きなだけできるからこそ、濃厚セックスできる相手とはセフレ関係以上となる可能性を秘めています。

セフレ関係から恋人関係に発展しやすいことは、別れたら二度と同じ濃厚セックスを味わえないのではないかという思いが影響しています。

-セックスのイメージ

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.