シンママの中には若くて綺麗なママはたくさんいます。母性溢れる可愛いシンママと出会いたいし、エッチもしたい!そんなあなたの欲望を叶えられる、シンママと出会う方法や落としやすいシンママの特徴をご紹介します。また、シンママをセフレにしたい場合に気を付けておくべきことについてもじっくりと解説していきましょう。

シンママと確実に落としてエッチする方法や注意点など

投稿日:

シンママとは現在結婚しておらず1人で子育てする女性のこと

シンママとは「シングルのママ」という意味で、シングルマザーを略した言葉です。

・以前は結婚していたが旦那と離婚して独身に戻った(結婚歴あり)
・旦那と死別して独身に戻った(結婚歴あり)
・籍を入れず未婚で子供を産んで、独身のまま子育てしている(結婚歴なし)
このように現在結婚しておらず、1人で子育てしている女性のことをシンママと呼びます。

また特殊な例として、こちらの場合もあります。

・籍を入れていないが事実婚状態で、1人で子育てしている
・離婚あるいは死別、または未婚で、独身の状態で実家で両親やきょうだいと子育てしている

シンママとなるポイントは、「子供がいるが、旦那(配偶者)がいない」という点です。

確実に落とせるのはこんなシンママ!性格や見た目の特徴

シンママは子供がいるので落とすのも簡単にはいかなさそうなイメージがありますよね。

そんなときは確実に落とせるシンママを狙うことがおすすめです。

どんなシンママなら落としやすいかというと、
・実家暮らし、あるいは実家が近くて両親によく子供を預けて1人で遊びに出かける
・SNSに「寂しい」「愛されたい」などネガティブなことをよく呟いている
・SNSに子供ではなく自分のプリクラ、盛った自撮り画像を頻繁にアップしている
・露出が多い服を好む、ブランドアイテムを多く持っていて自分にお金をかけている

子供を両親やきょうだい、あるいは託児所に預けて1人でふらふらと遊び歩いているシンママは、子供よりも自分が一番大事になっています。

だから飲みやホテルに誘ったときに、「子供がいるから家に帰らないと…」と断られることも少ないでしょう。

SNSにネガティブなことばかり呟いているシンママは、子育てに疲れています。

その疲れ切った心を癒す男性が現れれば、一気に夢中になるでしょう。

そしてSNSに子供ではなく自分のプリクラや自撮りばかり載せているシンママ、露出が多い服を着るシンママや自分にお金をかけるシンママは、かなり承認欲求が強いタイプです。

そのためちょっと煽てるとすぐのぼせ上ってしまいます。

シンママと出会いたいならSNSかマッチングアプリがおすすめ

シンママと出会うにはどこへ行けばいい?その答えはSNS、またはマッチングアプリです。

大体のシンママは子育てに仕事にと、1人で出かける時間があまり取れません。

だから片手間でできるSNSやマッチングアプリで男性との出会いを探している場合が多いのです。

SNSならばプロフィール欄に自分から「1歳の息子がいるシンママです」とか「シンママになったので彼氏募集中」と書いている女性もいます。

とくにシンママが多いのはTwitterやインスタ、Twitterなら軽いノリのシンママが、インスタなら美意識の高いシンママが多いでしょう。

マッチングアプリなら、「シンママ 恋活アプリ」とか「シンママ 婚活アプリ」で検索して上位に出てくる人気アプリを利用しているシンママが多いです。

そういったアプリに登録してキーワード検索などでシンママを探してみると、驚くほど多くのシンママを見つけられるでしょう。

シンママとエッチするのは意外と難しいことじゃない?

シンママは子供が一番大事だからそう簡単にエッチできないんじゃないかと思うかもしれません。

しかしシンママとのエッチはそこまで難しいことではないんです。

シンママは仕事も子育ても自分1人でしなければいけない現状にストレスが溜まっています。

ついでに相手がいないので、性欲も溜まっています。

そこで優しい言葉をかけ、シンママの味方だと思わせることで、手間も時間もかけず簡単に落とすことができるのです。

例えば、「1人で大変だよね、何かあれば俺が力になるから」と励ましたり、「いつも頑張ってるね、偉いね」と辛さを共感してあげましょう。

女性は自分の気持ちに共感してくれる人が好きです。

見た目や性格、努力を誉めて、辛さに共感する言葉をかければ、シンママはあなたにすぐ気を許します。

子供より自分が大事なシンママなら貞操観念が低い場合が多いので、飲みに誘ってホテルへ、ということも簡単にできます。

子供を大事にしているシンママも、「たまには息抜きしよう」と紳士に誘って酔わせることで、警戒心を解くことができるのです。

シンママは再婚重視だからセフレ関係になりにくい

シンママはエッチはできても、セフレにするにはちょっと難易度が高いところがあります。

それはほとんどのシンママが、男性と出会ってエッチをするのは、その男性とあわよくば再婚したいと考えているからです。

シンママには再婚願望が強い女性が多くいます。

1人で仕事をして生活費を稼いで子育てもするという現状に疲れたからこそ、一緒にいてくれる男性を求めているのです。

そのためシンママとセフレ関係になれても長く付き合いを続けていると、シンママの方から結婚したいアピールをされることがあります。

セフレという気軽な関係になりたいのに、シンママ相手だと結婚というプレッシャーが伴う重い関係になりやすいのだと言えるでしょう。

どうしてもシンママをセフレにしたい場合は、再婚する気はないけど彼氏がほしいと公言している女性を探すことをおすすめします。
もう結婚はこりごりだから結婚はしないけれど、寂しいからセフレはほしいシンママは結構いるのです。

そういったシンママと関係を持つなら、とくに結婚してほしいアピールをされることもありません。

あるいはシンママと出会ったときに、あらかじめ「全然結婚する気がなくて、セフレを探してる」とはっきり言ってしまいましょう。
そうすれば再婚願望のあるシンママは避けていきますし、残るのはセフレ関係を望むシンママです。

どのようなシンママをセフレにするかよく考えることで、面倒なことなど一切ない、セフレとの楽しい生活を送れます。

-ターゲット

Copyright© セフレレストラン24 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.