お色気というもの、年代や性別によっても感じるところが違ったりもします。大体のところ若い男性の場合、お色気イコールセックスの感は免れません。大人の感覚になってくると、お色気に飛びつくのではなく楽しむことができるようになってきます。そうなった時に、大人のお色気というものが理解できるようになるのですね。

大人のお色気はセックス向上に意欲を燃やす男性はムラムラ要素で爆発寸前!

投稿日:

お色気って言うけどでも具体的にはどういうもの?

お色気って言葉、これよく聞きますね。

色気のある女性だとか、お色気モードとかそれこそちょっと大人の遊びとかでは、よく聞く言葉です。

でもこのお色気って、一体具体的にはどんなものなのでしょう。

色気というのはどういうもので、男性女性関わらず年代関わらずにあるものなのか、それともやはりこのあたりで差がつくのか、考えてみませんか。

若い人のお色気って言う言葉の場合は割とストレート?

20代や30代の人にとってのお色気というと、やはりセクシュアルな方に直行するものですね。

なので男性にとっては、グラビアなどの最低限の衣装の女性にお色気を感じることが多いです。

何と言ってもこの年代、男性としてのエネルギーが満ち溢れている年代です。

若くてピチピチした、露出度の多い女性にお色気を感じて当然です。

もちろん彼女たちもそのお色気を出すのに、目線からポーズまでしっかりと計算してますから、その効果は抜群ですね。

しかし若い女性の場合、男性に感じるお色気というものはもうちょっと複雑になってきます。

特に裸の男性だけにお色気を感じるのではなく、年配の男性にも渋い魅力を感じたりもします。

こういった意味でいうと、女性の方がお色気というものに関しては贅沢、と言っていいですね。
若い女性の場合、欲張りさんが多いということです。

成熟した年代のお色気というものはどんなもの?

若い人に言わせると。
40代や50代の人になんかお色気なんて無いだろう、あるのはスケベだけと時に答えが返ってきます。

彼らもその年代になるとわかるのですが、もちろんこの円熟した年代の人達にもお色気を感じること、演出することはあるのです。

特に近年の女性の場合、いわゆるアンチエイジングのおかげで若さを保つことが可能になっています。

若い男性でも、相手が50代に関わらずお色気を感じることが多くなっているのですね。

しかしこの年代になると男性も女性も、あからさまなお色気、単に露出度を多くしただけのお色気では、満足できなくなってきます。
人生経験やセクシュアルな経験が増えた分、ちょっと一捻りのお色気でないといまいち、になってきているのですね。

ただ露出を増やした水着の写真だけでは、お色気には物足りないと感じる年代です。

なので、いわゆるチラリズムとか、見えそうで見えないなどのちょっとひねったお色気を要求したり、演じたりするものです。

これが意外に、ストレートなお色気を求める若い年代にもヒットすることがあるので、この手のひねったお色気も馬鹿にできません。
この年代のお色気というもの、決して侮れないのです。

高齢者の感じるお色気とはどんなもの?

いや何でも、高齢者にもなればお色気モードは解除だろうと思う人、若い人には多いかもしれません。

でも実は、人間年をとっただけではお色気に関する感度、低くなったりしないものです。
逆に若返って、直接的なお色気に戻る人も多いのですよ。

老人ホームなどで、職員に対してのセクハラという事件、これ少なくないのです。

若い女性にお色気を感じてしまい、年齢が行ってるだけに逆に直接手を出してしまった結果です。

もちろん職員はお色気など自分では演出していません。

それでも若いというだけでお色気を感じてしまうのが、年をとってもセクシュアルな気分の抜けない高齢者には、決して無いとは言えないのです。

女性はどうかというと、男性ほど直接行動には出ませんが、それでも男性職員にわざと寄りかかったりということはあります。

ちなみに、ショートステイに行くのは嫌だと駄々をこねた女性、迎えに来たのが若いハンサムな男性だった途端に、シャキシャキと後をついていったという話もあります。

この年代はある意味、計算外の行動や仕草や言葉にもお色気を感じてしまう、本当に若い頃に戻った状態なのかもしれません。

男性と女性の感じるお色気って違いはあるの

男性と女性の感じるお色気というのは、まあもちろん性別の違いからのこともあって、それなりに違いはありますね。

特に若い男性の場合、グラビアモデルのポーズにお色気を感じることが多いですが、同じ年代の女性の場合アイドルやスターの仕草や目線にお色気を感じることが多いです。

女性の方が、直接的ではないということですね。

もちろん男性だって、女性の仕草や手の動きなどにお色気を感じることもありますが、男性の場合いお色気イコールセクシュアルな気分という図式になってきます。

女性の場合そこまで短絡的でなくて、お色気イコール憧れや羨望など、感性的な感覚の方に通じていくことが多いのです。

もちろん個人差もありますし、年代によっても違いは出てきます。

しかし男性と女性の身体の違いや感性の違いもあり、このあたりは結構年代や個人差も含めても、大きくパーセンテージをしめていると言っていいですね。

大人本来が持つ本物の大人のお色気というものは

大人と言われるのは、何も年齢だけのものではありません。

若くても円熟した考え方を持っている人もいますね。

とは言え、若いうちはどうしても、身体や本能に引きずられるものです。
しかしある程度それが落ち着くと、見る目も変わってきますね。

露出の多いだけのお色気ではなく、チラリズム的なお色気を理解できるようになるのです。

例えば、きっちりした着物姿の女性が、横座りになった時に見える足元、足袋と着物の間に見える素肌です。

これがドッキリ来るようになるのは、やはりある程度大人になってからということですね。

お色気というものは、個人差も大きいので一概にこれ、と断言できないのです。

でもお色気を感じて飛びついてしまうような年代を超えて、お色気を楽しむことができるようになった辺りで、大人のお色気を理解できる年代になったということです。

お色気、もっと楽しみたいですよね。

-最近の女性たち

Copyright© セフレレストラン24 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.