Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熟年離婚の原因には「価値観の違い」「親の介護」「家事の負担」など様々なものが考えられますが、セフレなどの「異性問題」も大きな理由の一つです。離婚前から関係を続けている場合もあれば、離婚後にフリーセックスを楽しむために特定のパートナーを作らずセフレだけを作るという場合もあるようです。

熟年離婚の背景には年金分割制度やセフレの存在があった

投稿日:

熟年離婚というと数年前に流行った言葉というイメージがありますが、今現在も長年連れ添った夫婦の一定数が選ぶ選択肢の一つです。そもそも熟年離婚が増えた背景には何があるのでしょうか。

熟年離婚は増加傾向?子どもが自立してから離婚するという選択肢

日本での離婚件数は平成14年をピークに現在まで徐々に減少傾向にあります。しかし、結婚年数における離婚率の割合を見てみると、結婚生活が20年以上続いた夫婦の離婚率は緩やかにではありますが、上昇傾向にあるのです。

長年連れ添った夫婦はお互いが空気のような存在になるとはよく言いますが、どうやら「空気のような存在」=「居心地の良い関係」というわけではないようです。

熟年離婚の理由は様々ですが、妻が切り出すパターンが多いのが現状。子どもが自立するまでは何とか我慢してきていても、子供が自立したら自由にストレスなくいきたいと考える女性が多いようで、定年を機に家にいるようになった夫と毎日同じ空間にいるのがつらいという思いが爆発して熟年離婚に至ってしまうのです。

熟年離婚が増えた背景にあるものは「年金」問題

妻からの離婚の切り出しが増えたという背景には大きな制度の変化があります。それが年金分割制度の変化です。

平成19年から始まった年金分割制度により、離婚後も婚姻関係に合った夫が収めていた年金の最大2分の1を受け取れるようになったことが、熟年離婚が増えた背景にあると言われます。

合意分割の他にも3号分割というものがあり、同意がない場合でも自動的に一定額受け取ることができるので、熟年離婚の際に揉めたとしてももらえるものをもらえるというのは心強いのでしょう。

「セフレとの関係が良好」だから離婚するというパターンも

いくら自由になりたいからとはいえ、歳をとってから一人になるのはさみしくはないのでしょうか。実は、熟年離婚の陰に「セフレ」の存在がいる場合もあります。

熟年離婚とセフレの関連性

結婚生活の裏に継続的に関係を持っていたセフレの存在がある場合は、煩わしい夫もしくは妻と離婚して、気の合うセフレと一緒にいたいと考える可能性もあるのです。

または、子どもや夫のことを何も考えない自由な状態で人生を楽しむために、熟年離婚後はあえて恋人ではなくセフレを作るという人もいます。

結婚したら「死ぬまで一緒にいなければならない」という考えはもう古いのかもしれません。子どもを育てて自立させるところまでが親の責任。その後の人生はもっと自由に選択肢を広く持っても構わないのです。ずっとパートナーと連れ添うも良し、熟年離婚してお互い自由に暮らすのも良いでしょう。

-離婚・熟年離婚

Copyright© セフレのレストラン24H , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.