『周りから「ブス」だと思われる女性の特徴』を検証しています。いくら外見が整っていても、周りから「ブス認定」されてしまう女性というのは案外少なくありません。彼女たちがどうしてブスな女だと思われてしまうのかを検証しその特徴を回避することで、周りから好印象を持ってもらえる女性を目指してみませんか?

「ブス」と認定されるのはこんな女!ブス認定される女性の特徴を検証!

投稿日:2020年3月16日 更新日:

周囲から「ブス」と思われる女性の特徴とは…

世の中には、誰もが認める「美人」もいれば、多くの人から「ブス」認定をされてしまう女性もいます。

せっかく女性に生まれてきたのであれば、「ブス認定」なんか絶対にされたくないですよね。

このコラムでは、『周りから「ブス」だと思われる女性の特徴』を検証したいと思います。

ブスな女の特徴を理解し「ブス認定」を回避することで、周りの方から好印象を持ってもらえるような女性になりましょう。

とにかく自分のビジュアルに無頓着な女は、高確率でブス!

「人の第一印象は3秒で決まる」という言葉がある通り、人は相手のざっくりとした雰囲気を見て「美人」、「ブス」などの判断をしていくという傾向があります。

そのため、「美人認定」をされるためにはとにかく自分のビジュアルを磨くことが重要なんです。

「そんなの当たり前だろ!」と突っ込まれる方もいらっしゃるかもしれませんが、「ブス認定」をされてしまう大半の女性はとにかく自分のビジュアルに無頓着なんです。

よく見ると実は顔の作りがきれいであるにも関わらず、髪型がボサボサだったり、びっくりするくらい太っていたり、清潔感がなかったり…
自分の外見を整えることをサボっている女性は、高確率でブスなんです。

姿勢が悪い女や表情が暗い女は、実際に会うとブス認定されがち!

先ほどの項目でもお話しした通り、人は相手のことをざっくりとした雰囲気で捉えています。

人の雰囲気を作るものは、顔かたち、ヘアスタイル、体型、ファッションなどですが、それ以外にも姿勢や表情というものが重要な割合を占めているんです。

たとえ、自分に似合うメイクをし、ヘアスタイルもばっちりきめ、美しいファッションに身を包んでいたとしても、姿勢が悪かったり、表情が暗かったりすると残念ながら周囲の人からブス認定をされてしまいがちです。

「写真では美人だと思っていたのに、実際に会ってみるとなんだかブス…」というような女性は、大抵の場合このタイプなんです。

他人の悪口や会社・家庭の愚痴など、口を開けばネガティブな話ばかりする女は確実にブス!

当たり前のことですが、外見がいくら整っていようとも中身がともなっていなければ「美人」には見えません。

たとえば、いつも他人の悪口ばかり言っている女性や、会社や家庭の愚痴ばかりを延々に話している女性、自分の暗い過去や悩みなどを周りの目を気にせずに訴えてくる女性など、口を開けばネガティブな話ばかりしている女性は要注意です。

相手との付き合いが長くなればなるほど、「こいつブスだな…」と思われる確率が高くなってきます。

内面は時間とともに外見に現れてくるものです。

美人認定されたいのであれば嘘でも構いませんので、まずはポジティブな言葉を口癖にしてみることから始めましょう。

自分に自信がなさすぎる女・逆に自信がありすぎる女は、ブスと思われがち!

自分に自信がなさすぎるという女性というものは、案外たくさんいらっしゃるものです。

たとえばこちらが相手のことを本心で褒めていたとしても、「いえいえいえ、そんなことありません…。
私なんか本当にダメで…」と必要以上に卑屈になってしまうような女性たちです。

いくらビジュアルが整っていても、卑屈すぎる女性は「ブス認定」されてしまいがちです。

もちろん謙虚さは女性男性問わず美徳だと言えます。

けれども、行き過ぎた謙虚さは相手に不快な気持ちを抱かせてしまう場合があるということも覚えておいて損はないでしょう。

また、自分に自信がないあまり、常にオドオドしていたり、何かにチャレンジすることに憶病になっていたりする女性も「ブス認定」されてしまうことがあります。

顔かたちが整っていなかったとしてもビジュアルを整え姿勢を良くし、堂々と明るく振舞っている女性は、案外「美人」に見えるものなんです。

ただし、反対に自分に自信がありすぎる女も「このブス、ウザイな…」と思われてしまうこともあるので注意が必要です。

あくまでも、自分を過小評価・過大評価せず、自然体でいることが重要なんです。

ブスだと思われたくなければ、まずはビジュアルを整える!そして中身もしっかり磨く!

いかがだったでしょうか?

このコラムでは、周りから「ブス」だと思われる女性の特徴を検証してみました。

何度も言うように、人は相手のことをざっくりとした雰囲気で捉えています。

「ブス」と認定されないためには、まずは自分のビジュアルにしっかりと向き合い、ヘアスタイルや体型などを整えることが重要です。

女性は、メイクやファッションで大きく変わります。

「私はどうせかわいくないから」などと諦めず、自分がどうすれば一番美しく見えるかを研究することが大切なんです。

ビジュアルを整えることができたら、次は内面を磨きましょう。

「人の悪口や愚痴などネガティブなことはなるべく言わない」、「卑屈になり過ぎない」、「自信過剰になり過ぎない」という3点に気をつけて、姿勢よく明るい表情で暮らしていれば、自然と「ブス認定」されない女性になれるはずです。

決してあきらめず、まずは自分にできることから始めてみてください。

正当な努力を続けていれば、あなたも「ブスな女」なんて言われなくなりますよ。

-都合のいい女

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.