セフレ診断を行うことで、一旦冷静に現在の自分が置かれている状況を正確に見つめ直すことができます。本命彼氏彼女の関係だと思っていても、セフレ診断の結果次第では相手にセフレとしてしか扱われていないことが判明するわけです。順位を上げつつ昇格を重ねるために、使える武器は全て活かして相手を虜にしてしまえば良いでしょう。

セフレの診断でデートなど立ち位置を把握で自分に振り向かせることができる

投稿日:2020年6月29日 更新日:

セフレの診断とはどのようなものか詳しい内容を把握しよう

セフレの診断とは、具体的にどのようなものか知らないならば、実は既に本命ではなくセフレとして扱われている可能性があります。

セフレの診断でデートなど立ち位置を把握で自分に振り向かせることができる

本命の彼氏彼女だと思っていても、実は相手にとっては都合の良いセフレに過ぎないと考えられていたら、恋心を餌に性欲解消の道具としてみなされている現実に愕然とするはずです。

セフレの診断は、男女間における考え方の違いから起こり得る錯覚や誤解を利用して相手にセフレ化されていないかチェックする方法です。

一度冷静になるためにもセフレ診断を受けてみると良いでしょう。

セフレとして脈ありと思われる兆候とはどのようなものか

セフレとして脈ありと思われてしまう兆候は、溢れる好意を常に相手に向けていてデート無しにホテルでのセックスだけをしていても文句を言わない相手だと認識されることです。

恋人関係ならば確かに何もせずに部屋の中でイチャイチャしているだけということはありますが、少なくともセックスするためだけに会うといったことはありません。

しかし、相手から好きだ・会いたかったと言われてハグされてしまうと、思わず全てを許してしまう人が少なくありません。

恋愛対象に対して盲目的な愛を捧げてしまう人については、セフレとして脈ありと思われてしまうわけです。

実際に何回かデートを重ねるうちに、セックス無しで会った割合が8割以上といった状態ならばセフレとしてしか考えられていないと分かります。

セフレとして長く付き合うためには、突然会えなくなったという連絡を受けても埋め合わせを求めないタイプが求められているわけです。

セフレにしようとしても脈なしと判断される基準とは何か

セフレとして付き合うためには、連絡した時に他の予定を空けてでも駆けつけてくれるタイプの人が好まれています。

セフレとの関係はあくまでも恋愛感情抜きで成立し、互いの性欲を満たし合うためだけにセックスを繰り返す関係です。

セフレとしての脈なしと判断される基準は、何度か連絡しても予定を相手のために空けずに何度もすれ違いを起こしてしまうタイプの人です。

少なくとも本来のセフレならば、ある程度相手に時間を合せるだけの柔軟性が求められていますが、何度かホテルデートの要請をしても断られてしまえば既にセフレとしての脈なしという判断となっても仕方ありません。

一方、ホテルデートに成功したとしてもデート回数に対して半分以下しかセックスできなかった場合には、やはりセフレとしての脈なしという判断が行われます。

なぜなら、セフレ同士は恋愛感情が伴わないものの性欲を満たし合う関係であって、半分程度の予定すら合せる事ができないならば利用価値がありません。

セフレとして昇格するにはどのような努力を積み重ねればよいか知ろう

セフレとして昇格を目指すならば、セフレは必ず複数存在していることを最初に認識する必要があります。

本命の彼氏彼女は1人しかいませんが、セフレならば体力と精力が続く限りは複数人確保していてとっかえひっかえ相手をすることが一般的です。

自分がセフレだと認識した時点で昇格を目指すためには、現在の複数いるセフレの中でどのような順位付けがされているのか確かめなければなりません。

セフレとしての順位が低い状態では、あくまでもキープ対象となっているセフレであって、そもそも大切にされている存在ですらありません。

いきなり彼氏彼女としての本命を狙うよりも、現在のセフレ順位を上げて1位の状態まで少なくとも昇格しなければその先は無いはずです。

セフレとしてトップの位置にあるならば、今度は関係解消をちらつかせて本命の彼氏彼女への昇格ができないか具体的な交渉を行うことになります。

彼氏彼女を複数作ることは、2股以上の関係として対等な立場で競合している相手と対決する権利を得られます。

好きな相手にとって自分がかけがえのない存在であると認識してもらうことが何より大切です。

セフレ診断を行って昇格を狙うにはどうすれば良いのかまとめ

セフレ診断を行った上で自分の立ち位置から昇格を狙うためには、現在の立ち位置がセフレとして何番目の位置にあるのか正確に把握しなければなりません。

セフレ診断は何気ない質問項目に回答するだけで、セフレである可能性だけでなく順位付けについてもある程度の確度で診断可能です。

セフレとしての昇格を繰り返すことで、本命彼氏彼女への更なる昇格を狙えるならば、好きな相手のためにどこまでできるのか一度考えてみると良いでしょう。

恋愛感情を自分だけが持っていて相手に対して一方的に与えている状態では、残念ながらいつまでたってもセフレからの昇格は望めません。

セフレ診断を行う際に本命の彼氏彼女ならば受けられているはずの待遇について、具体的にしっかり認識を改めることができるはずです。

セフレ診断は単に今の立ち位置を把握するための手段だけでなく、本命の彼氏彼女へ昇格するための道標としての機能を使い方次第では果たすことができます。

実際に相手のことが好きでたまらない状態ならば、今度は相手から手放したくない大切な存在だと思われるようにセフレとして付き合っている期間中から相手を虜にするための努力を惜しまないことが重要です。

本命の彼氏彼女の中にはセックス相手になってくれないといった事情があるケースが多く、既にセフレとしての相性が良い点を武器として活用することも数少ないチャンスを活かす方法だと考えられます。

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.