言葉攻めは信頼関係でつながっている男女間で用いれば、強い愛情表現として更に深い愛を確かめ合うことができます。しかし、過度な言葉攻めは恋愛感情を破綻させてしまうリスクがあります。コミュニケーション度合いがしっかりしている男女間ならば、愛情表現の1つとして日常生活にも取り入れることができます。

言葉攻めは効果的に行うことで愛情を深めることができる

投稿日:2020年3月16日 更新日:

言葉攻めにはどのような効果があるのか?愛のささやきとして使おう

言葉攻めとは、言葉責めという表現の揺らぎとなるので、人により感じ方に違いがあるものとして考えておく必要があります。

言葉攻めは日常生活であっても親しい間柄で冗談の延長線上にある悪戯心を満たすものですが、過度の言葉攻めは単なる嫌がらせやイジメに該当してしまうものです。

このため、恋愛関係や夫婦関係で行う言葉攻めには、絶対条件として深い愛情が込められていて信頼関係の上に成り立つプレイでなければなりません。

言葉攻めを行う時には、常にパートナーの表情や仕草を観察することが必要であって、本当に嫌がっている場合にはすぐに止める必要があると認識した上で行わないと逆効果です。

このため、言葉攻めはイチャイチャの延長線上やソフトSMプレイの延長線上で行う場合に有効であって、誰に対しても行って良いものでは無いという点に注意を求められます。

言葉攻めは愛情表現の1つと考えられる理由とは

言葉攻めが愛情表現の1つと考えられる理由として、既に分かっていることを敢えて指摘することにより、嬉しい・恥ずかしい・愛しているといった複数の表現を暗示する意味合いが含まれているからです。

セックス中に言葉攻めを行う際には、本人が感じていることを分かっていながら敢えて指摘することにより、羞恥心により更に性欲を高めることを期待しています。

男女どちらに対しても行うことができますが、人間にはSとMの2種類が存在しているので男女どらちかがSタイプの人からM気質がある相手に対して羞恥プレイの一環として言葉攻めを行うわけです。

女性に対しては、性器が濡れていること・挿入して欲しいなら言葉で言うことを提案・どうして欲しいかその都度言わせるといった状況が想定され、男性に対しては射精管理の一貫として我慢させることを言葉攻めにより実現します。

互いの性感を高めてセックスの満足度を引き上げるために行う愛情表現として捉えられているからこそ、セックス中は特に言葉攻めが有効となるわけです。

言葉攻めは羞恥心を刺激して興奮を誘うことができる

言葉攻めは羞恥心を刺激して興奮を誘う効果が愛情により結ばれている男女では特に有効となるので、第三者が見た時には一見するとイジメているかのように見えてしまうことがあります。

冗談なのか言葉攻めの一環なのか第三者からは分からないことが多いからこそ、羞恥心を刺激した言葉攻めは恋愛関係にある男女にとって性欲を掻き立てる刺激となるわけです。

M気質がある人は、羞恥心を刺激されると興奮しやすくなるので、恥ずかしいけれどももっと言って欲しいという状態になります。

実際には、日常生活においても可愛い・綺麗だ・美しいといった表現を第三者の前で堂々とパートナーから言われることは、恥ずかしいけれども嬉しいという感情となることは誰にでも想像できることです。

強すぎる言葉攻めは禁物!ソフト路線で相手の反応を見よう

恋愛関係にあるカップル間でいくら言葉攻めが有効であっても、度を超えた言葉攻めは信頼関係を破綻する原因となりやすいので要注意です。

言葉攻めはあくまでもプレイの一環として行うからこそカップル間で愛情表現の一種となるものであって、真顔で止めてと言われた時には速やかに言葉攻めを中止しなければなりません。

相手のことをよく観察していれば、本当に嫌だと思っている時の拒否反応と単に恥ずかしがっているだけで言葉攻めに反応しているだけという違いは明らかです。

言葉攻めプレイを楽しむ際には、予め本当に嫌な場合に発する言葉のルールを決めておけば信頼関係を壊さずに楽しむことができます。

ソフトSMに発展させることができる言葉攻めは、セックス以外でも違いの愛情を確かめ合うことができる手段として使用可能です。

コミュニケーション手段としての言葉攻めは愛情表現として優れている

コミュニケーション手段として言葉攻めを活用する際には、愛情表現の一環として使用できる範囲内でのみ言葉攻めを使うと良いです。

常日頃からコミュニケーションをしっかり取れていれば、日常生活の挨拶として普通に発する言葉と同様に、セックス時に性的な興奮を高める手段として羞恥心を煽るプレイとして言葉攻めを導入できます。

単に可愛いと言うだけでなく、濡れている点を強調しつつ可愛いと言うだけでも言葉攻めとして大きな効果を持ちます。

女性には恥ずかしい部分を見られたことに対する羞恥心を言葉攻めにより刺激されると、更に性的な興奮を覚えて濡れてしまう人がいることも事実です。

カップル間でマンネリを撃破するためにも、いつものセックスに言葉攻めを追加してみると興奮度合いに違いが出ることが分かります。

愛情表現の一環としてコミュニケーションを高める手法に言葉攻めを加えることは、性的興奮を高めることができるわけです。

言葉攻めを行う際には、S気質がある側がM気質があるパートナーに対して愛情表現の一環として羞恥心を煽るプレイを行う際に有効です。

単なるイジメとは異なり、言われている本人が理解しているにも関わらず、言葉に発して言われると恥ずかしいと思う事実を指摘することにより、更に性的な興奮を得ることができます。

愛情表現の一環として行うので、コミュニケーションをしっかり取った上で節度ある範囲内で信頼関係を傷つけない程度に行うことが効果的です。

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.