高齢処女の定義は特に決まっていないものの、30代を迎えて男性経験が無い女性は高齢処女と考えられます。なぜ高齢処女となってしまったのか、処女喪失のタイミングを逸してしまった理由を明らかにして、男性から持たれる印象が変わります。恋愛に年齢は関係ないからこそ、最も相応しい相手を見つけるために正直に話すことが大切です。

高齢処女に対するイメージは男女間で差があるってホント?

投稿日:2020年7月11日 更新日:

高齢処女とはどのような女性のことを指すのか

高齢処女の定義は学術的に決まっているわけではなく、目安として30歳以上になっても男性経験を持たない女性と考えられます。

高齢処女に対するイメージは男女間で差があるってホント?

なぜなら、高齢妊娠と高齢出産の定義が35歳以上となっているので、高齢処女については高齢出産よりも数年以上前からと考えることが妥当だからです。

20代後半で高齢処女というには年代が若いと思われるので、30歳の大台に乗った時期からとすれば分かりやすいです。

しかし、晩婚化が進んでいることから、高齢処女に対するイメージは変わりつつあるので必ずしも30歳になったからといって即座に高齢処女だと気にする必要はありません。

では、どのような点が高齢処女の特徴となっているのでしょうか。

高齢処女は相手に対する理想が高すぎて処女喪失タイミングを逃しがち

高齢処女に対する一般的なイメージは、相手男性に対する理想が高すぎて処女喪失タイミングを逃し続けてしまった結果となっています。

交際歴が複数人とあったとしても、セックスに至るまでの深い交際は結婚が話に出るまでは拒否するといった姿勢の女性ならば、20代の男性相手では結婚が意識に入らないために性欲が満たされずに離れていってしまいがちです。

結婚相談所へ登録している女性の中に高齢処女の割合が高いことは、既に有名な話となっているので今更指摘するまでもありません。
実は、結婚相談所へ登録できる男性の多くが年収400万円以上となっていて、結婚相手に求める条件として600万円以上を挙げる女性が多いことが高齢処女を生む一員となっています。

なぜなら、年収400万円以上となる20代男性の割合は給与体系から考えて全体の2割に満たないことを知らないまま理想男性像を高く持ちすぎているからです。

年収500万円以上を狙う場合であっても、相手男性を40代以上としなければ数%に留まることになり、結果的に売れ残ってしまいます。

貞操観念が強すぎると高齢処女になりやすい

貞操観念が強すぎる女性ほど交際してもセックスは拒否する姿勢が目立ち、結果的に破局を迎えていつまでも処女のままとなりやすいです。

交際を行う前提条件として真面目な付き合いに限定し、結婚相手と考えられる真剣交際に発展した場合に限りセックスを認めるといった考え方は、確かに立派な心掛けであっても男性からは壁を作られているという距離感を持たれてしまいます。

貞操観念の高さはアプローチする男性にとっては高いハードルを意識することに繋がるので、途中で諦めてしまい深い交際に発展するチャンスを逃してしまいがちです。

このため、恋愛関係が上手く続かずに困って結婚相談所へ登録する頃には20代後半から30代に入り、既に男性に人気となる20代前半という条件を逸脱して売れ残ってしまいます。

高齢処女は男性にとって結婚を意識させられる印象がある

高齢処女であることが男性に分かると、処女を奪ったら結婚を意識しなければならないという強迫観念に捉われることになりかねません。

そこで、高齢処女を意識している女性ほど処女であることを隠したまま交際しようと考えるわけです。

しかし、30代女性との交際を希望する男性の多くが既に複数の女性との交際経験があるので、セックスに至らない時点で高齢処女である可能性を感じ取ってしまいます。

雰囲気を作ってセックスに誘った男性が交際女性から断られた時点で別れるか結婚を意識するかという2択を迫られるわけです。

すると、すぐにでも結婚をしたいと考えている男性を除いて、結婚を具体的に意識できずに別れを選択してしまうことになります。

このため、高齢処女であることは、隠している期間が長いほど交際男性からの別れを告げられる原因となりやすいです。

高齢処女であることを早期に告げるメリットがある

高齢処女であることは、交際男性に対して早期に伝えておくことができれば、それでもセックスに誘う男性は既に結婚を前提とした真剣交際を望んでいることになります。

互いに思ったことを素直に話せる関係でなければ、結婚生活はすぐに破綻してしまいがちです。

なぜ今まで処女であり続けたのかという理由を包み隠さず話しておけば、最終的に高齢処女であることを感謝して喜んでくれる素敵に男性と巡り会えます。

なぜなら、男性にとっては結婚相手として意識する女性が処女であることは、女性が考える以上に嬉しいことであって、結婚に対して前向きな姿勢になる理由と考えられるからです。

高齢処女を早期に捨てることを意識するよりも、交際男性に対して先に処女であることを告げてしまうことが、心につかえているマイナスイメージを払拭して自然な交際ができるようになるキッカケとなります。

高齢処女に対しては、貞操観念が高く男性に対する理想が高すぎるためと考えがちです。

しかし、真剣交際に限定して自分を大切にしてきた結果であって、高齢処女だからといって恥じたり隠したりする必要はありません。
男性に対して処女であることを早期に告げることは、結婚を意識した真剣交際に発展する可能性を高めることになるので、真面目な男性のみが交際相手となってくれるメリットがあります。

高齢処女であることを隠し続けてセックスを拒否することは、男性から別れを即座に告げられてしまうことに繋がりやすいです。

>>SEXの天才がいるエロセフレを探すならコチラ<<

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.