セフレとの連絡を取るのに、LINEは使い勝手が良いですね。ただ普段使い慣れている人の場合、つい軽いおしゃべりをLINEでと言う習慣もあります。そしてLINEの特徴である既読、これをスルーされたとか、ブロックされたような気がした場合も、ちょっと時間を置いて対応したいものですね。

セフレと毎日ラインすると態度がおかしい時にブロックとか既読スルーはしますか?

投稿日:2020年6月3日 更新日:

セフレとLINE好感は当たり前の世の中

メールよりも簡単にコンタクトができて、しかも既読なのかどうかもすぐに分かるLINEというのは、本当に便利なものです。

特にセフレのような、秘密の大人の付き合いの場合、削除も直ぐにできて証拠が残らないという点でも、使い勝手が良いですね。

セフレと毎日ラインすると態度がおかしい時にブロックとか既読スルーはしますか?

電話代わりにも使えるので、個人の電話番号を教える必要もなく、個人情報も守れます。

なのでLINEをセフレとの連絡に使っている人が大多数なのです。

でもこのLINE、使い勝手が良いのが逆に問題になることもあります。

セフレに毎日LINEするってどうよ

使い勝手もよく、ちょっとした隙間時間にもメッセージを簡単に送れるLINEは、色々と活躍もしてくれます。

でもあまりに便利なので、つい頻繁に使ってしまうことありますね。

まあ普通の友達ならば、相手も暇な時にはそれでも問題などありません。

しかしセフレの場合はどうでしょう。

元々セックスの相手というスタンスなのが、セフレです。

余計なプライベートなどには踏み込まず、その時の気分で楽しむためのフレンドです。

連絡用にLINEの交換をするのはもちろん、オススメなのですが、ついつい頻繁に送ってしまうことありませんか。

長文でなくても一言で、何となく相手の状況がわかるということで、気がついたら毎日セフレにLINEしていた、ということはないでしょうか。

相手次第ということもありますが、これある意味でのマナー違反になりますので、注意してください。

というのも、セフレの関係というのは、クールでドライと相場が決まっています。

LINEで、明日会わないかとかの連絡ならともかく、毎日挨拶などされるのはいささか重いですよね。

付きまとわれている感じで嫌だという人もいます。

恋人気取りになってきてる感じだから、いっそ別れてしまおう、と考える人もいます。

毎日のLINE、ドライなセフレにはあまり歓迎されるものではありません。

セフレにLINEをブロックされたどうしよう

クールに付き合うセフレの場合、LINEだけで連絡を取り合うことは多いです。

個人のメールアドレスも教えないまま、という人も多数います。

実際、踏み込んだ関係になりたくない場合、LINEだけでのつながりというのは、袂を分かつのも簡単ですよね。

それこそ相手をブロックしてしまえば済むのです。

気がついたらLINEが送れない、ブロックされたのではないかと、ドキッとすることもあります。

実際、もう別れようという意味のブロックの可能性は大きいですね。

礼儀としては会った時に言葉と態度で別れを持ち出すのが、ベストです。

しかしちょっと小心のセフレの場合、別れが切り出せなくてズルズル関係を、と言うこともあるのです。

そうした場合LINEをブロックすることで、もう別れようの意思を表しているのですね。

また単に面倒になって、LINEをブロックして終わりという人もいます。

後者に対しては卑怯だなと思う人もいるかもしれませんが、こうなると手立てがありません。

LINEがブロックされた場合、それだけの人だったんだな、とこちらもさっさと見切りをつけてしまいましょう。

ただ気をつけたいのは、間違ってブロックしているということもあるということです。

焦ってこちらもブロック掛ける前に、少し時間を置いてみてはどうでしょう。

セフレにLINEの既読無視をされた時には

LINEはメールと違って、相手がすでにそれを確認したかどうか分かる、既読機能というのがあります。

これは実際便利で、既読になっていればレスがなくても、読んでくれてはいるんだなと安心できますね。

事務連絡程度なら、特にです。

しかし個人の連絡になった場合、既読になっているのにレスが来ないというのは、ちょっと気になるものです。

話がちょうど一段落ついたところなら、まあ問題はありません。

しかし挨拶とか、ちょっとしたことを話しかけたのに、すでに既読となっているのにレスがない、これは気になって当然です。

友達同士でもこれが原因で喧嘩になることもあります。

特にセフレのような不安定な関係の場合、結構怯えてしまいますよね。

既読スルーというのはいくつかの原因があります。

忙しくて、LINEがきたので目を通したけどレスの時間がない、というのは多いです。

特に仕事中で会議中とかだった場合、LINEは邪魔になるだけですね。

無視されるのが当然です。

また仕事中なのを暗に察してくれ、と言う意味もあります。

既読スルーされるのは嫌なものですが、でも時間やタイミングを外せばどうしようもなく、スルーせざるを得ないこともあるのです。
特にセフレの関係の場合、表立ってLINEを送るのはできれば避けたいと思う人のほうが多いのです。

既読スルーされたら、まず時間や相手のことを考えてみてください。

ただ何度も、明らかに無視してるなという感じになったら、そろそろ関係も終わりのタイミングかも知れません。

覚悟を決めておくと良いでしょう。

セフレとLINE連絡をするということのまとめ

セフレとの連絡にLINEを使うのは、なかなかに便利です。

ただ便利が高じて、秘密の関係であることを忘れてしまったりしてはいけません。

LINEの場合、必要なことだけを相手に伝えるという使い方もあるのです。

何気に毎回、LINEで長話など友達としていると、そっちが主の使い方と思ってしまいますね。

セフレにもそうした感覚で、LINEを使ってしまうかもしれません。

しかし相手がセフレの場合、LINEでの連絡も長話ではなく、必要なことを伝えるだけに留めるのがオススメです。

せっかくのクールでドライな大人の関係を、便利に使えるはずのLINEで壊したりしないように注意したいですね。

またブロックや既読スルーに関しても、少し様子見をすることも大事です。

忙しい現代人の味方のLINEですが、セフレに忙しく使いすぎないようにすることも大事なのです。

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.