あまり良いイメージを持てないかもしれませんが、ママ友は何もデメリットな存在だけではありません。良い関係のママ友ができればお互いの悩みを共感できますし、相談をすることで気持ちを軽くすることができます。めんどくさいママ友にははっきりとした特徴があり、事前に知っておけば早めに距離を置くことができます。これにより、ママ友トラブルを回避することにも繋がるでしょう。

ママ友の女王様気分で指示してくるマウントで愚痴ばかりは要注意!

投稿日:

ママ友の女王様気分で指示してくるマウントで愚痴ばかりは要注意!

ママ友と仲良くしている人もいるでしょうが、それは表面的な関係ではありませんか。

心からこの人は最高のママ友だと感じている人もいるかもしれませんが、実は全員がそうではないとも言われています。

ドラマでもママ友のドロドロした関係を中心としたものが人気となりましたが、実際はどうなのでしょうか。

セフレが見つかるサイト
  • ミントC!Jメール
    詳細はコチラ
  • ハッピーメール
    詳細はコチラ
  • ファーストメ-ル
    詳細はコチラ

全員がママ友がいるわけではない?

幼稚園や保育園、小学校に子どもを通わせているママの多くがママ友がいると言われていますがその一方で一人もいないという人もいます。

特に同じクラスに通っている子どもがいれば必然的に友達になれると思うでしょうが、実際にはそうではないのです。

ではなぜママ友ができないのでしょうか。

その理由は何と言ってもドラマのイメージを持っているからでしょう。

上述の通り、ママ友のドロドロした関係を中心としたドラマが放送されましたがそのイメージを植え付けられてママ友を作るのに抵抗を感じているのです。

ママ友は必ず恐ろしいものというものではなく、自身を助けてくれる存在にもなりますのでママ友がいなくて悩んでいる人はイメージを変えて友達を作ってみると良いでしょう。

めんどくさいママ友にはこんな特徴がある

いざママ友を作ったは良いものの、やっぱりめんどくさいと感じることもあります。

そのようなめんどくさいと感じるママには次のような特徴があります。

まずは愚痴しか言わないママです。

楽しくお話をしたいのに会えばいつも愚痴ばかりでは嫌になってしまいます。

最初は共感したとしてもそれが延々と続くのであれば気が滅入ってしまうでしょう。

これに困っている人は、真剣に愚痴を聞かないようにして少しずつ距離を取るのがコツです。

もちろん、自身が他のママ友に愚痴ばかりいう存在にならないように気を付けなければなりません。

また、プライベートを知りたがるママ友もめんどくさいと感じられることがあります。

いくら仲の良いママ友といってもプライベートなことまで入り込まれてはうっとうしくなることでしょう。

最も嫌だと言われているのが夫の年収を聞いてくるママ友で、これを乗り切るには上手くはぐらかすことです。

まだまだある、めんどくさいママ友の特徴

上記でめんどくさいママ友の特徴を解説しましたが、まだまだあります。

例えばマウントを取りたがるママ友です。

こちらとしてはマウントを取るつもりがなく他のママ友と話をしていると、それを被せるようにまた別のママ友がマウントを取ってくるわけです。

マウントを取る内容としては夫の職業や自分の出身地、子どもの成績などでしょう。

実はこのマウントからトラブルになることが少なくなく、家の前にゴミを放置されたりピンポンダッシュに悩まされることも多いのです。

また、仕切りたがりのママ友もめんどくさい存在と言えます。

自分が女王様になった気分で、「今日はここで食事をしましょう」などと提案してきます。

しかも一人ではなく取り巻きを作って大勢で提案をしてくるのです。

これを断れば嫌味を言われたり、いやがらせをされることにもつながります。

実際、「一人だけ別に行動してお高く留まっている」などと誤解されることもあるでしょう。

最後に紹介するのは何でもかんでもSNSに投稿するママ友です。

そのママ友の子どもの写真や動画ならば問題ないでしょうが、自分の子どもの顔まではっきり写っているものもお構いなしで投稿する人も多くいます。

できれば直接、投稿するなら顔が分からないように、などと伝えるようにしましょう。

ママ友はメリットにもなる

ママ友は何もデメリットだけをもたらす存在ではありません。

実は大きな助けにもなるのです。

例えば幼稚園や学校などの悩みや不安を相談できることです。

お互いの関係が良ければ何でも話し合える存在として、夫には共感してもらえないようなことにも共感してもらえます。

これだけで気持ちがスッとして、頑張っていこうと励みにもなるのです。

また、今まで知らなかった地域の情報を収集できるというメリットもあります。

引っ越して来たばかりで地域を良く知らなくても、「ここのスーパーは安い」など有益な情報を教えてくれます。

「この病院は子どもに優しい」などの情報も非常に有益で、いざという時にどこに行けば分からなくなった場合大きな助けになります。

ママ友はこのように自身を悩ませる存在に限らず、大きな助けとなる存在にもなり得るのです。

デメリットにしかならないと思いママ友づくりに身が入らないかもしれませんが、こうしたメリットにもなることを理解することも大切です。

ママ友を作るかはあなた次第

ここではママ友を作る弊害やメリットなどを解説してきました。

どうしてもママ友と聞くとマイナスなイメージを持ってしまうかもしれませんが、実際はそれだけではないのです。

ママ友がいたから助かった、一人で悩みを抱えることなく夫だけでなく同性と共感することができた、など良い話も多くあります。

もしママ友ができてこの人はめんどくさそうだと感じたならば、必要以上に関わらなくて良いです。

そうしないと自身が疲れてしまい子どもにも影響してしまいます。

もっと言えば、ママ友をつくる際には線引きをしっかりとしてこの人とは付き合う、付き合わないを明確にする必要があるのです。

ママ活が見つかるサイト
  • Desire(デザイア)
    詳細はコチラ
  • 華の会メール
    詳細はコチラ
  • ラブ
    詳細はコチラ

以上、ママ友の女王様気分で指示してくるマウントで愚痴ばかりは要注意!…でした。

-ママ活

Copyright© セフレレストラン24 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.