一人エッチを行う人の割合は男性に多く女性は一部に限られているとされています。しかし、女性が調査に対して正確に申告しているとは限らず、実際に一人エッチを行う人の割合に男女差は少ないはずです。一人エッチを効率良く取り入れることができれば、幸福感によりストレスから開放されて前向きな生活を送ることができます。

一人エッチを取り入れてストレスに溢れた毎日を穏やかに過ごそう

投稿日:2020年3月16日 更新日:

一人エッチとは、ドイツ語ではOnanie・英語ではMasturbationと呼ばれていて、日本では自慰行為という堅苦しい言い方もありますが一般的にはオナニーまたはマスターベーションのどちらかの呼び方で使われています。

しかし、男性とは異なり女性が発言する際には気恥ずかしさもあり、一人エッチという表現を使うことで言い回しを柔らかくすることが可能です。

一人エッチは、セックスそのものではなく擬似的に自分の手や道具を使って自らの性器を刺激して性的な興奮と快感を得る行為を指します。

男女間で仕組みは異なり、男性は射精とオルガスムを同時に迎え女性はオルガスムのみで一人エッチが完了します。

では、一人エッチを行うことでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

一人エッチをすれば幸せホルモンのオキシトシンが分泌される

一人エッチを行うことにより脳内ホルモンとしてオキシトシンが男女共に分泌されることが判明しています。

オキシトシンは、脳内ホルモンの中でも幸せホルモンとも呼ばれていて、オキシトシンが分泌されることにより次のような効果を同時に得ることが可能です。

・自律神経の調子を整える
・ストレス軽減作用
・免疫力アップ
・血圧を正常値に戻す
・脳の疲労回復
・認知症の予防
・精神安定により人に優しく接することができる

僅か1種類の脳内ホルモンが分泌されるだけで上記全ての作用を同時に得られるならば、一人エッチをしない手はありません。

しかし、オキシトシンが過剰に分泌されてしまうことにより、何か弊害が出ることは無いのでしょうか。

実際に一人エッチを毎日行ったとしても、女性の場合には特に影響はありません。

男性については射精回数が多くなりすぎて亜鉛を含んだミネラル分が体内で不足する可能性があるので、射精のしすぎには注意が必要です。

一人エッチを活用すれば自律神経の調子が整う

一人エッチの効果として自律神経の調子を整えることができることは、オキシトシンが分泌されることにより副交感神経の働きを高めて交感神経とのバランスを調整する役割を持つことで可能となります。

ストレス過多となりがちな現代社会において、通勤・仕事・責任・トラブルといった様々な要因により常に緊張状態を強いられて交感神経ばかりが過度に刺激されてしまう状況となりがちです。

一人エッチにより得られるオルガズムには、単に気持ち良いという快楽だけでなく幸福感を得られるオキシトシンの効果により強制的に副交感神経を高めて交感神経を鎮める役割を持っています。

就寝前に一人エッチを行うことにより、深い眠りにつくこともできるようになるので、寝付きが悪いと実感しているならば一人エッチを活用してみると良いです。

男性の一人エッチはタイミングと頻度に注意しよう

男性の一人エッチは、射精と共にオルガズムを迎えることができるので1日に何度も一人エッチを行ってしまうと過度に射精しすぎてしまうこととなりかねません。

精液は睾丸により作られる精子が前立腺部分でカウパー腺液と合わせて射精時に放出されますが、精嚢部分に蓄えられる精子量は3日で満杯になる程度とされています。

3日かけて満杯になる量の精子に対して、1日に何度も一人エッチを繰り返すことは精子の生産が追いつかない可能性が出てくるわけです。

実際には個人差があるので毎日一人エッチを繰り返しても問題ない人もいますが、精子を作る時には亜鉛を含めたミネラル分を消費するので亜鉛不足にならないよう注意しなければなりません。

また、男性の一人エッチは射精後に強い眠気を感じる人も多いので、1日の始まりに一人エッチをしてしまうとやる気が削がれてしまう可能性があります。

男性の一人エッチは個人の精力に合わせてタイミングと頻度に注意しながら行うことが大切です。

女性の一人エッチなら必要なだけ繰り返せる

女性の一人エッチは、自律神経を整える部分の効果が特に重要であって、男性とは異なり射精を伴わずにオルガズムのみを得られるからこそ繰り返し行うことが可能です。

個人差があるものの男性よりもオルガズムの度合いは高いとされていて、オキシトシンの分泌量が増えることにより精神的に不安定な状態が改善されるなら好都合と考えられます。

中でも女性の一人エッチは中高年女性にとってホルモンバランスが崩れがちな更年期に行うと、満足感を得られるだけでなく自律神経の乱れを改善することで更年期障害の症状が緩和される女性もいるほどです。

実際に更年期障害はエストロゲンの分泌量が急激に減ることが原因とされているので、乱れた自律神経を幸せホルモンのオキシトシンにより調整できるなら、ホットフラッシュや様々な自立神経失調状態の緩和に役立ちます。

女性の一人エッチを行うなら、セックス経験が多い女性ほどオカズとなるネタに事欠かないことから積極的に取り入れると良いです。
一人エッチを行うことで分泌されるオキシトシンは、幸せホルモンとして日常生活にプラスの役割を果たすので積極的に取り入れることが望ましいです。

男性の場合には射精とオルガズムを同時に得るために、一人エッチをしすぎて亜鉛欠乏症とならないように注意しなければなりません。

しかし、女性についてはオルガズムのみが訪れるので、積極的に行っても自律神経を整える効果が期待できて有利です。

ストレスを解消するためにオキシトシンを手軽に分泌できるなら、一人エッチを効率良く取り入れて日常生活を豊かにすると幸せな毎日を送れるようになります。

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.