ネット上で、特に男女の恋愛に関するトピックで見かけることの多い「汚嫁」という言葉。これは一体どのような意味を持っていて、誰によってどんなケースで使われることが多いのでしょうか。そんな「汚嫁」の読み方や由来、そして意味することや多く見られる特徴、さらには実際に使う時において注意するべき点などについて紹介します。

汚嫁は恋愛体質で貞操観念が薄くトキメキを求める自分中心の自分勝手な女性

投稿日:

ネットなどで「汚嫁」という単語を目にしたことはあるでしょうか。

主に男性によって使われている言葉で、読み方は「およめ」と言います。

一体この言葉がどういう意味を持って使われているのか、また汚嫁とされている人にはどんな特徴があるのかを以下の項目で説明していきます。

・汚嫁とはどういう意味を持っているの?悪い意味で使われている?
・汚嫁は貞操観念が薄い恋愛体質!常にときめきを求めてしまう
・汚嫁は自分中心で自分さえ良ければ良いという考え
・あくまで汚嫁は男性視点によるもの女性視点だとまた違うかも

セフレが見つかるサイト
  • ミントC!Jメール
    詳細はコチラ
  • ハッピーメール
    詳細はコチラ
  • ワクワクメール
    詳細はコチラ

汚嫁とはどういう意味を持っているの?悪い意味で使われている?

「汚嫁」とは汚れた嫁と書いて「およめ」と呼ばれるのが一般的です。

これは「お嫁」の音をそのままに悪口として言い換えたもので、たとえば独身女性を「毒女」、既婚女性を「鬼女」と書くことにも通じるものがあります。

ただし、これらが本人も自称することのある自虐や一般名詞としての意味合いも含まれているのに対して、汚嫁は明らかに夫側による蔑称として生み出され、使われていると考えられます。

実はこの言葉、他に「きたなよめ」「きたないよめ」という読み方をされることもありますが、こちらは「汚な嫁」「汚い嫁」とも表記され、たとえば全然掃除をしない嫁とか、衛生意識の低い女性として、本来の意味である「汚い」があてられています。

これに対して「汚嫁(およめ)」は主に不倫や浮気した妻に対して使われるもので、通常はこちらの使い方が主流です。

浮気をされた夫がその妻に対して、あるいは別れた元妻に対して使います。

また他にも、浮気や離婚はないものの、妻を罵りたい時に単なる蔑称として使われることもあります。

汚嫁は貞操観念が薄い恋愛体質!常にときめきを求めてしまう

汚嫁でよく言われる特徴は、とにかく恋愛体質ということです。

汚嫁と呼ばれる女性のほとんどは不倫や浮気によるものなので、その点も納得というところでしょう。

結婚しているにもかかわらず、男性との恋愛がやめられない。

常に恋のときめいた気持ちを求めてしまう。

結婚してもそれが続くのだとしたら、いつまでも相手が夫とは限らないですよね。

たとえ愛し合って結ばれた夫婦だとしても、若い頃のような浮ついた気持ちはいつかは落ち着いてくるものです。

それでも止められない恋愛を求める気持ちが、いつかは夫以外の男性に向けられてしまうということになります。

結婚前はそうした恋愛体質が女性として魅力的に見えていたかもしれませんが、結婚した男性からしてみれば恋愛がやめられないというのも困りもの。

まして肉体関係に至るハードルも低いのだとしたら、夫側からは思わず汚嫁と言いたくもなってしまうのかもしれません。

汚嫁は自分中心で自分さえ良ければ良いという考え

浮気をするのだから当然とも言えますが、汚嫁と呼ばれるタイプの女性は、あまり周りを大切にするという意識は高くない可能性もあります。

特に家族に関しては、浮気をすれば最悪の場合離婚。
子どももいるならばさらにそれをきっかけとして家庭が崩壊し、子どもの人生も狂わせてしまうかもしれません。

恋愛にハマってしまえば盲目にはなってしまうものですが、そもそも夫以外の男性に惹かれるという時点で危険性はありますから、周りのことを考えられる誠実な人間ならば、その時点でハマりすぎないように距離を置いたりするものでしょう。

しかしそれもせずハマっていってしまうのは、その時の気持ちこそが最も大事で、後先のことはあまり考えないタイプ、とも言うことができます。

感情的で、自分の行動が将来どういったことを引き起こすのかあまり考えられない性格である可能性は高いでしょう。

あくまで汚嫁は男性視点によるもの女性視点だとまた違うかも

ここまで紹介してきた汚嫁はあくまで浮気をされた男性側からの視点であり、蔑称です。

なのでたとえ浮気をされたという被害者であっても、一方的な見方であるということも否めないでしょう。

実際のところ自分が一度は愛した女性に対して「汚」という言葉はかなり厳しいですし、また浮気を「汚い」「汚染」というような言葉で表すという点でも、女性に対して清純さを求める男性特有の押し付けを見て取れないこともありません。

そういった点からも当事者以外ではあまり使いすぎないほうが賢明な言葉ではあるでしょう。

妻が浮気をした背景にも、たとえば女性が夫に対して冷めるだけの十分な理由があったかもしれないので、浮気自体はいけないことですが、一方的に妻側を悪者と決めつけすぎてしまうことにも危険性があります。

こうしたことからも汚嫁という言葉は傷つけられた本人以外では、あまり積極的には使うべきではない言葉かもしれません。

汚嫁は浮気や不倫をした妻を指す夫による蔑称のこと

汚嫁とは「およめ」と読み、主に浮気などをした妻に対して夫が使う侮蔑を込めたネットスラングです。

他にも単純に清潔でない妻のことを指して「汚い嫁」の意味で使われることもありますが、現在ではそれほどポピュラーではありません。

汚嫁の特徴としては恋愛体質で貞操観念が薄く、結婚をしていてもいずれ夫との関係に冷めてしまうという点があります。

また家族に対しても責任感があまりなく、その場その場で気分の良いほうを選択するという刹那的な側面があり、その結果家庭を崩壊させてしまうということも少なくありません。

ただし、これらは基本的に男性側の一方的な視点であり、浮気はもちろん良くないことですが、女性の側にもそうなってしまうだけの原因が別にあるかもしれないため、当事者以外が安易に使ってしまうことにも危険があります。

他の不倫界隈で使われるネットスラングの中でも汚嫁ははっきりと悪口である側面が強いため、使う際には十分に気をつけたほうがいいとは言えるでしょう。

パパ活が見つかるサイト
  • Love&(ラブアン)
    詳細はコチラ
  • シュガーダディ
    詳細はコチラ
  • paters(ペイターズ)
    詳細はコチラ

以上、汚嫁は恋愛体質で貞操観念が薄くトキメキを求める自分中心の自分勝手な女性…でした。

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.