性処理を適切に行うことは、精神的なバランスを整えるだけでなく過剰な性欲に支配されないために必要なことです。禁欲を徹底しすぎると考え方に偏りが生まれやすくストレスを溜めすぎることで身体の健康に悪影響を及ぼしかねません。性処理方法は男女差や個人差はあるものの、自分に合った方法で適切に行う限り精神状態のバランスを保つ手段として重要です。

性処理をせずに放置するとメンタルバランスに支障が出やすいらしいのは本当?

投稿日:2020年7月11日 更新日:

性処理とはどのようなものか?処理方法と実態を知れば納得

人間が動物として生きている限り本能として性欲はあるので、過剰な性欲は正処理を行うことにより適宜処理しなければなりません。

性処理をせずに放置するとメンタルバランスに支障が出やすいらしいのは本当?

性処理とは溜まってしまった性欲により思考力や精神バランスに影響が出る前の時点で適切に発散させることを指します。

性処理方法は男女間で違いがあり、個人差も大きいので一概ではありません。

なぜなら、男性の性処理は常時作られる精子が体内に溜まり過ぎないように性欲を刺激して射精により排出すれば収まるからです。

一方、女性はオルガズムによる発散となるので、必ずしも頻度は一定ではなく個人差が大きいことが判明しています。

では、どのような方法と必要性により性処理は行われているのでしょうか。

性処理方法として一人エッチは男女共通の手段

性処理方法として最も一般的に行われている方法は、男性ならばオナニーまたはマスタベーション、女性ならば一人エッチと称する自己処理方法です。

自らの手または器具を用いて性器に刺激を与えて男性ならば射精とオルガズムに至ることにより目的を達成し、女性ならばオルガズムのみにより性処理が完了します。

男性は視覚と聴覚情報から性的興奮を覚えやすいので、アダルトビデオや女性の裸写真といったオカズを用いて男性器を勃起させて、射精するまで興奮しながら刺激を与えれば良いだけです。

一方、女性は自らの体験や話といった視覚情報に頼らないオカズであっても性的興奮を感じるので、個人差がある性感帯を刺激してオルガズムに達すれば性処理できます。

男性は精嚢に精子がある程度溜まると性欲を掻き立てられやすいので大半の人が性処理方法として一人エッチを採用していますが、女性の場合には定期的な性欲が駆り立てられることは生理周期に合わせて生理前に高まる程度と緩やかです。

セフレ相手なら手軽にいつでも性処理できる

性欲には個人差が大きく精力にも違いがあるので、性欲が元々強い人の場合には性処理方法としてセフレ相手を複数確保していることが珍しくありません。

互いにセックス好きかつ既に複数回セックスをして身体の相性が良いことを確認しているので、双方が満足するまで会う度に複数回戦のセックスを楽しむわけです。

セフレ相手を複数確保することは、互いにマンネリ化を防ぐだけでなくスケジュールが合わない時に遠慮なく断ることができるようにするために過ぎません。

気分とスケジュールに合わせて互いに連絡を取り合い、好きなタイミングでセフレ同士が会ってセックスをするだけで解散するという方法ならば、風俗店へ通うよりも経済的に安上がりとなるだけでなく手軽さと時間制限が無い点で性処理を完璧にできるメリットがあります。

性処理にハードなスポーツはなぜ有効なのか

性欲が強くても職業柄や家庭の事情により風俗店へ通ったりセフレを作れないならば、性処理方法としてハードなスポーツを行うという方法があります。

アスリートが強い負荷を掛けたトレーニングを行うと、疲労により性欲どころではなくなってしまうので身体は疲労回復にエネルギーを使うわけです。

思春期に運動部で部活動を長く続けることは、自動的に疲れさせて性欲が高まりすぎて性犯罪に走らないようにするための抑止力となっています。

一人エッチを手軽に行う方法があれば良いですが、日本の性教育では一人エッチの方法を教育により行うことは実現していません。

また、大人になったとしても性風俗店では疑似セックスまでしか法律上認められていないという状況のため、性処理方法としてセフレや特定のパートナーを作れない場合にはハードなスポーツを性処理に取り入れるしか無いわけです。

全ての男女に性欲があるからこそ性処理は身体障害者の世界でも行われている

全ての男女に性欲はありますが、男性は精子を溜めすぎると精神衛生上良くないために定期的に射精させて放出する必要があります。
身体障害者であっても性欲は例外なく存在するので、思春期を迎えて以降の男性については障害者向けの性処理方法について考慮しなければなりません。

従来は家族が性処理を手伝っていましたが、近年ではデリバリーヘルスが業務として認められていることから、身体障害者向け専門のデリバリーヘルスという職種も登場しています。

身体障害者本人にとっても家族に性処理を行ってもらうことは快楽とは別に一定のストレスが掛かってしまうことになるので、デリバリーヘルスならば本人に知っても単なる性処理だけでなく性欲を心から発散できる手段として注目されているわけです。

家族にとっても一定の出費はあるものの、本人にとって快適な気分を味わってもらえるなら良いと考えて利用している人が増えています。

性処理は日常生活を平穏に送るために必要なことだった

性処理を行うことは、性欲が人間の本能として子孫を残すために必要な手段として遺伝子に組み込まれていることから、性欲が高まりすぎて脳が性欲に支配されないように適切に処理することが望ましいです。

精神的なバランスを確保することに役立つので、性処理方法を確実に確保することは長い人生を快適に過ごすために必要なことと考えられます。

性欲の強さに個人差があるように、性処理方法も人それぞれ好みの方法で行えば良いので、必ずしも正解というものはありません。

性処理を行わないことによりストレスを溜め込むと健康に悪いので、本人の好みに合わせた性処理方法を見つけることが大切です。

>>デカ乳のデカ尻なセフレとセックスをしたい方はコチラ<<

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.