セフレという言葉は、セックスフレンドの略語です。肉体関係を主な目的としており、恋愛とは異なる感情で結ばれています。恋人がいても別の異性とセフレ関係になることもあり、そこには独特の心理状態が働いています。 セフレを求める心理は、男女で少し異なります。セフレ関係を結びたくなる心理を、男女別に説明していきます。

セフレ関係にある男女は一般的な恋愛とは異なる心理になりうる

投稿日:2020年6月3日 更新日:

セフレを求める心理は男女で違いがある

肉体関係を目的とするセフレ関係は、恋人との関係性とは異なる心理があります。

セフレ関係になる男女の心理からわかる境界線を探ってみよう!

セフレを欲しくなる要因として、あらゆる事柄が関わり合っています。

主な要因としては、「欲求が満たされない」「寂しい感情」「日常生活の刺激不足」などが挙げられます。

これらが原因となって、セフレを求める心理状態になっていきます。

ただ、男と女でセフレを求める心理に、多少の違いがあります。

男性は欲求を満たすためにセフレを求めることが多い

男性がセフレを求める一番の理由は、性的欲求を満たすためです。

人間の本能ともいえますが、女性はこのような理由でセフレを求めることは少ないです。

これは男性は強いものという社会的イメージが生み出したもので、欲求を表に出しやすい心理が働いています。

ある意味で経済的にしっかりした男性は、女性にお金をかけたくありません。

恋人は欲しいのですが、デートや誕生日プレゼントなどが必要です。

セフレであればホテル代だけを負担すればよく、経済的負担は少なくて済みます。

セフレ関係が長引くと、ホテル代もワリカンにできる場合もあります。

感情的な部分では、寂しさやストレスが原因となることもあります。

友人と遊んでいるときはいいのですが、一人になると孤独を感じます。

また、仕事で大きな失敗をして落ち込んでいたり、行き詰まってストレスが溜まることもあります。

こういった負の感情を忘れるために、セフレを求める男性もいます。

男性がセフレを求める要因は、性的欲求を満たしたい本能的な一面が絡んでいます。

また、寂しさやストレスなどの生活環境が絡んできて、女性に癒やして欲しい心理も働いています。

女性は感情的な理由からセフレを求めることが多い

男性が性的欲求を満たす目的が多いのに対して、女性がセフレを求める原因は感情的な理由が多いです。

しかし、女性でも性的欲求不満から、セフレを求めることもあります。

例えば、恋人のセックスに満足できないケースが挙げられます。

性格の相性が良いだけでは、満足できないこともあります。

セックスの相性の合う相手を見つけるために、セフレを探すことがあります。

同じような例として、セックスのマンネリ化があります。

単調なセックスで快感を得られなくなることで、より刺激的なセックスを求めるようになります。

このような場合には、セフレとアブノーマルなセックスを楽しむこともあります。

女性も男性と同様に寂しい気持ちになることで、心を許せるセフレが欲しくなります。

肉体関係はもちろんのこと、話し相手になってくれることも望んでいます。

セフレと一緒に過ごす時間を利用して、マイナスな感情を打ち消そうとします。

また、女性ならではのものとして、男性からの強引な誘いを断れないケースがあります。

初めは罪悪感を覚えながらセフレ関係を築いていても、ズルズルと関係を続けていきます。

しだいに罪悪感はなくなり、セフレ関係が心地よいものへと変化していきます。

女性の場合には、性的欲求よりも孤独な感情を忘れるために、セフレを求める傾向が強いです。

セフレと恋人の境界線は言動から判断できる

お互いの関係がセフレか恋人かで、考え方が異なることがあります。

しかし、セフレ関係の男女にはある特徴が存在して、言動を確認することで関係性を判断できます。

セフレと同様に、恋人どうしでもセックスはします。

ただ、セフレの場合にはセックスすることが目的なので、待ち合わせ場所は自宅やホテルになります。

セックスが終れば何事もなかったかのように別れてしまい、テーマパークなどのデートはありません。

連絡の様子も、恋人関係とは異なります。

電話やメールでの日常的な会話はほとんどなく、待ち合わせの日時のみになります。

連絡の頻度も少なく、セックスがしたくなればメールする程度です。

特に男性の場合には、女性からのメールがセックス目的以外だと、スルーすることもあります。

セフレ関係になると、セックスの内容も恋人とは異なります。

愛情表現のある濃厚なキスはせず、前戯も手短にセックスを楽しみます。

あらゆる体位を試して快感を求め合い、時にはAVでしか見たことのないような体位も試します。

セックスが終わると一気に冷めきってしまって、シャワーを浴びて解散となることもあります。

男女がセフレ関係になる理由と心理のまとめ

セフレ関係になる男女の心理には、性的欲求と感情面が大きく影響しています。

男性と女性で異なる部分もありますが、共通しているのは寂しい気分を紛らわす目的です。

セフレ関係を築いて一時的な安心感を得ることで、満たされない気持ちの埋め合わせをします。

性的欲求の部分に関しては、男性の方が強い傾向にあります。

そのため、付き合っている恋人がいてもセフレを求めますし、目的が性欲を満たすことなので相手が好みでなくても構いません。

それに対して女性の性的要因としては、恋人とのセックスに満足できないことが原因になっています。

満足できるセックスを求めますが、セフレにも恋人に近いステータスを求める傾向にあります。

また、女性特有の傾向として、男性の意向に流されてセフレになってしまうことがあります。

嫌々だったものが長引く関係性のなかで、みずからセフレ関係を継続することを望むようになります。

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.