セフレ関係での病気は、性病だけを気をつければいいというものではありません。一方だけの独走で互いが傷つけ合うことになってしまうこともあるのです。精神的な病気は分かりづらいですが、ちょっと気をつけていると見えてくるものです。独占欲や嫉妬がひどくなりすぎたら、相手の精神的な病気を疑ってみましょう

セフレの病気は性病よりも内面にある精神的な問題に注意しなければいけない!

投稿日:2020年7月16日 更新日:

セフレの関係で病気と言えばまず思い当たるのが

大人の関係というものには、ある程度のリスクも無いとは断言できません。

セフレの病気は嫉妬が激しくなる依存による精神面に注意したい!

大人である以上自己責任でそうしたリスク覚悟の上で、お付き合いをする必要があるのです。

ただ問題は、セフレと言う関係における病気なのです。

と言われるとまず思い当たるのは、性病のことですね。

これに関しては予防もできますし、それなりに対処は可能です。

でももっと厄介で精神的な病気というものも、セフレの関係でのリスクとなるのです。

セフレは割り切った関係なのに嫉妬が激しくなるのも病気の1つ

元々セフレというもの、身体だけの関係、というとちょっと悲しいものがありますが、楽しくセックスをする間柄と言っていいでしょう。

特にお互いあまり干渉せずに、寂しくなった時にお互いの都合が合えば、その時に身体を結ぶという関係です。

ある意味、クールですね。

しかし時に、単なるセフレの関係だったはずなのに、セフレの他の友達とか伴侶に激しい嫉妬を抱く人もいるのです。

もちろんこれは、身体の関係から気持ちの関係に進んだ、と見ることもできます。

しかしこういった時、ほとんどのケースがセフレの片方だけだということです。

それだけならまだ、別れることも可能です。

しかしその嫉妬を激しくするセフレが、相手を所有物としてみていると言う可能性もあるのです。

こうなると、ある意味ストーキングに近い付け回しなどし始めることもあります。

された方は意味がわからず混乱するだけになっていまいます。

しかし嫉妬している当人の中では、相手は自分の意のままになるはずと言う思い込みができ上がっていることもあるのです。

嫉妬が高じて何をするかわからない、そんなところまで進んでしまうこともあります。

残念ながらこうなると、この執着心と嫉妬は1つの精神的な病気と言えるでしょう。

セフレに依存してしまうのも1つの病気

割り切った関係であるはずのセフレですが、やはりある程度の期間付き合っていると甘えもでてくるものです。

甘えだけなら特に問題はありません。

ただ一方がそうした甘えを受容できない場合、別れるという結果が待っていることにはなります。

この甘え、普通の単なる恋人に対しての甘えという程度なら、特に問題はありません。

病気などというものでもありませんね。

しかしこれが進んで、依存になってしまうとこれはある意味で病気と言っていいでしょう。

人間何かに依存するということはあるものです。

仕事人間は仕事に依存しているので、仕事がなくなると生きる意味も失ってしまいます。

まあ仕事に依存と言うなら、当人だけの問題で済みますが、問題は人間に対しての依存です。

相手がいなければ生きる意味がない、相手がいるから生きていられる、相手に常に自分も見ていてほしいなどになってくると、これは完全に依存という病気です。

別れるくらいなら死んでしまうというのは、小説などでよく見かける台詞ですが、依存が強いとこういった言葉も出てきます。

セフレ相手の態度や言葉に、度が過ぎた執着が見えたら、依存されているかもしれないと思ってください。

依存という病気の入り口かもしれません。

割り切った関係であったはずのセフレにハマるのも片方だけなら

何かにハマる、というのは理性だけでは押さえられないものです。

というよりも、気がついたらハマっていたというのが正しいでしょう。

割り切った関係であったはずのセフレにハマる、普通に考えればこれは恋愛関係に進んだ、と見えるかもしれません。

しかしハマり方が、片方だけの場合は問題です。

双方が互いにハマるなら、それこそそのまま結婚すれば全て片付きます。

しかし片方だけが相手にハマってしまうと、軽い身体の関係を楽しんでいたはずのもう1人は混乱してしまいます。

別れを切り出すきっかけを、つかもうとすることにもなるでしょう。

しかしハマってしまったもう片方は、絶対に別れなど考えられないという状態になってしまいます。

ちょっといくら何でも、と言うくらいに連絡が来たりして誘いがあるなどしたら、また妙に熱い目で見られることがあったら、ちょっと気をつけましょう。

妙にハマった挙げ句に、別れることも許さないなどとなると、もうこれは一種の病気です。

身の危険に寛解することもあるので、充分に注意してください。

セフレ関係での病気というもののまとめ

セフレとの間で病気と言った場合、本当に性病ならある意味簡単なのです。

治療も直ぐにできますし、そうしたセフレとは縁を切れば済みます。

しかし精神的な問題、精神的な病気の場合は、普段からの注意も必要になってきます。

実はセフレ関係を求める人というのは、かなりの寂しがり屋です。

なので安心して身体を交えることのできる相手を見つけると、執着してしまうこともあるのです。

もちろん軽い嫉妬や執着は、こうしたラブゲームの彩りになります。

しかしこれはいくら何でも、と度が過ぎた執着とかハマりっぷりを感じたら、できるだけ早く縁を切ることをおすすめしたいです。

こうしたセフレ関係での精神的な補い合いから生まれた精神の病気の場合、ひどくなってくると独占欲の塊にもなります。

そうなる前に、もしくは気がついたらできるだけ速やかに、関係を解消したいですね。

セフレの関係で付き合っていく上で大事になるのは、こうした問題が起きた時に、速やかに手を切る事ができるようにしておくことです。

プライベートに関しては、情報をお互いに与えないというのは当たり前のことです。

また住所は教えないことや、メールアドレスやLINEなどはセフレ専用の物を作っておくことをおすすめします。

相手がこうした、ちょっと問題のある病気にかかりかけていると気がついたら、速やかに関係を解消したいですね。

>>色気ある美人なセフレを探すならコチラ<<

-コラム

Copyright© セフレレストラン24 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.